運営者 のすべての投稿

人身事故の対処

警察人身事故の対処としては、まずは警察に連絡して状況をしっかり固めていくことが必要となります。自分がどのような状態で事故に遭ったのかという点をしっかり確認してもらうことによって、より状況を揃えていくことが必要です。特に慰謝料を求めているという方は、それらの状況証拠がとても重要となるので、必ず警察と一緒に確認するようにしてください。明らかに相手に過失がある場合は、そのまま慰謝料の請求についても考えていくことが必要となります。自分が怪我や病気になったと思う場合は、病院などの費用も考えておくことが必要となります。

慰謝料を請求する場合は、それらの医療費や治療費も加味していくことが可能です。また、働けない場合などはその給料ももちろんですし、被害が大きければ大きいほど、自分の命に関わっていたということもあって、より多くの慰謝料を獲得することができます。ただ、専門的な知識がないとなかなか慰謝料の請求は難しいため、そういう話は弁護士に任せてしまうのが良いです。人身事故の後に相談するのはなかなか骨が折れるかもしれませんが、状況がしっかり整ったならば慰謝料請求に移った方が良い場合も多いです。泣き寝入りするのではなく、しっかりと相手に請求するようにしましょう。

人身事故の被害

杖人身事故の被害というのは、軽度なものから重度なものまでたくさんあります。単純な打撲や擦り傷、切り傷などであれば数日もすれば治ります。しかし、例えば骨折した場合やむち打ちになった場合など、大きな怪我や病気になることもあります。その間、仕事はできなくなりますし、学校にも行けなくなりますし、損害はより大きくなるでしょう。特に人身事故の場合は、その手の人に対する被害がとても大きくなるため、場合によっては慰謝料の請求も考えなくてはなりません。

特に社会人の場合は、本来働いて稼げる状況だったら、その分の給料を丸々請求することもできますし、学生の場合でもトラウマやPTSDなどになったことに応じて慰謝料の請求も可能です。実際にどのように請求していくかについてはわからないことが多いはずなので、そこは弁護士の力を借りることにしてください。人身事故は被害も大きくなりやすいので、自分が事故に遭ってしまった場合は慰謝料の請求も視野に入れて、どのような状況なのかを把握していくことが必要となります。そこをしっかり考えていくことができるだけでも、対処が変わってくることが多いです。相手が良い人であれば良いですが、悪徳ドライバーということもあるので、やはり慰謝料請求する場合は専門の弁護士などに相談する方が強いと言えます。

人身事故で慰謝料請求

事故人身事故を起こされてしまった場合は、慰謝料の請求をすることが可能です。心的な被害はもちろん、身体的な被害も出るのが人身事故です。多くの場合は、軽度だとそのまま示談する場合が多いですが、そもそも交通事故の場合は個人間の示談が許されていません。必ず警察に一度届けなくてはならないのです。

特に被害者の場合は、泣き寝入りするのではなくしっかりと状況を調査してもらって、相手にどのような過失があったのかを考えてもらうことが必要とないます。特に慰謝料請求を考えている方は、必ず警察の力などを借りておくことが必要となります。自分が車と衝突してしまった場合やバイクと衝突してしまった場合など、相手に明らかに過失がある場合は、慰謝料を請求することも可能だと覚えておくと便利です。ただ、過失の有無はもちろん、どのような状況だったのかも把握することが必要となるため、人身事故の場合も必ず警察に連絡して対処してもらうようにしてください。そのまま保険会社などに一任してしまう方が多いですが、慰謝料の請求をする場合は自分で弁護士などへの相談も必要となります。

弁護士に相談すれば、しっかり対処してもらうことができるので、そこも考えて利用していくようにしましょう。もちろん、心や身体に傷を負ってしまった場合、その大きさによって請求できる慰謝料なども変わってきます。そういう点も加味して、しっかりと対処してもらえるようにしていくことが必要です。

【参考リンク】弁護士 慰謝料